女性に好感を持ってもらえるメールの作り方

気になる女性のメールアドレスをゲットしたけれど、どう発展させたらいいのかわからないという人も多いと思います。
最初のキッカケが掴めないという人は、相手の興味がある分野について話してみるといいでしょう。

 

例えば女性が映画好きなら映画についての質問をしたりすると自然にメールのやりとりができます。
オススメの映画を教えてもらう、今上映中の映画について話す、なども話が膨らみますし、次のアクションに繋げやすいです。

 

メールのやりとりを自然にできる関係になれたら、相手の立場に立ってメールを送るようにしましょう。
考えなければいけないのはタイミングや頻度です。忙しい時に「最近どう?」と言われても相手も困ってしまいます。

 

女性の生活スタイルがわからなければまずはそれを聞き出し、相手の都合に配慮しましょう。
メールの中に「返信は暇な時でいいよ」とか「忙しかったらごめんね」などの気遣いの言葉を入れると好感度アップです。

 

テンションを合わせることも大事です。長文が好きな女性には長文で、簡潔な文章を好むようならこちらもそれに合わせましょう。
まだ関係が浅いのに日に何度も一方的なメールを送るのもご法度です。

 

メールは文章ですので書き手と読み手では違った印象を持つことも少なくありません。
いつも話している言葉通りの書き方だと自分が思っている以上に軽くなってしまうことも。

 

メールの文章は普段の話し言葉より少しだけ丁寧に、柔らかくするのがコツです。

メールはニュアンスなども伝わりづらいので下ネタやネガティブな話はやめておきましょう。

 

女性は話を聞いて共感してもらいたいものです。
自分を知ってもらいたいという気持ちはできるだけ抑えて、まずは話を聞いて相手を理解することを念頭に置いてやりとりをしましょう。

 

全てにおいて大切なのは相手がどう思うかということを常に考えることです。
感情的に書き上げたメールは読みづらかったり相手が引いてしまうような内容になってしまいがち。

 

メールを送る前にきちんと読み直し、冷静な文章を心がけるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>