意中の女性に好感を持たれ、気を引くためのメール術

意中の女性へのアプローチが実を結び、メールアドレスをゲットすることができたのであれば、それは交際に向けての最初の、そして同時に大きな一歩を踏み出したところであると言えます。

 

しかしメールの内容や頻度を誤ってしまっては、相手に悪い印象を与えてしまい、お互いの関係がそこでストップしてしまいます。

興奮し先走ってしまう気持ちはよくわかりますが、焦らず、慌てずにゆっくりと歩みを進めるべきでしょう。

 

まずメールの頻度や回数ですが、基本的にはこまめに、毎日行うと効果的です。あなたと会話をすることが女性にとっての日常という状況にすることで、女性はあなたに対する親しみを持ちますし、実際に会った際にもよりスムーズに会話を楽しむことができるはずです。

 

しかし、ここで気を付けなくてはいけないのは、「しつこい」や「うるさい」という感情を与えないことです。

メールの返事がなかなか来なくても、返事を急かしたり、一方的に連投してはいけません。慌てさせてしまうことで不快感を与えますし、あなたを「面倒な存在」と認識してしまいます。

 

メールの内容は、相手の女性が興味を示す内容に絞りましょう。

相手の趣味を知っているのなら、その話題について話したり、それがもしあなたの詳しくない内容なのであれば、そのことについて質問しても構いません。

 

自分の好きなものについての話だとついつい饒舌になりませんか?女性にとってもそれは同じです。

きっと楽しく、ポジティブなメールが返ってくるはずです。

 

逆に、あなたの知識をひけらかすような内容のメールを送ることはやめておきましょう。

相手があなたに特別な関心を持っているのなら別ですが、そうでないのなら「興味のない話に付き合わされている」という感情を抱かせてしまい、恋愛関係への発展を妨げてしまいます。

 

➡ 彼氏が出来ない理由は人との関わり方が薄いから?!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>