メールでの付き合いは段階を踏んで徐々に徐々にがコツ。

相手の女性が好きで好きでたまらないという場合でも、まだ気になる程度という場合でも、メールでの付き合い方は段階を踏んでいくことが重要です。

 

相手があなたに好意を持っていることがわかっているならまだしも、あなたへの気持ちが好きも嫌いもどちらにも傾いていない場合なら、メールの印象はその後の付き合いをかなり左右します。

 

相手に警戒心を抱かせたることなく、それでも徐々に親近感を増していけるメールのやり取りがコツになります。
最初の段階は、本当にごあいさつ程度がいいかと思います。

好きだとかいうフレーズも付き合いたいことを匂わすのもタブー、食事やデートのお誘いもやめて全体的に控えめな感じに徹します。

 

ただし、女性について褒め言葉や女性のことを入っていることをさわやかに表現するコメントをひとつふたつ入れると効果的。

 

「この前お会いした時の装いが素敵でした」

「メルアドを教えてくれてありがとう。これからメールでやり取りできると思うと嬉しいです」みたいな感じ。

 

相手からすぐに返事が来なくても、さらにたたみ掛けるように返信の催促メールを送るのは絶対にNG。

返信が来ても、しばらく時間をかけて反応した方が必死感がなくて相手を安心させますし、もしかしたら相手の気をひくことに成功するかもしれません。
相手のメールの様子を見てから実践すべきコツもあります。

男性はとかくメールでも短い文章に終始しがちですが、相手の女性が長い文章だったらその長さにできるだけ合わせてあげましょう。

 

相手が「ですます」で来たら文調もそのように合わせます。

質問については、返信時にくまなく拾い上げて応えてあげるとお互いのコミュケーションしている感が深まります。

 

自分のことを一方的に書くのはNGですが、相手の話題に自分の体験談を絡ませたりして自分を知ってもらうのも大事なことです。

それから、男性の絵文字は極力抑えたほうが無難、多用するとバカっぽく見えてしまう可能性があります。

 

使い慣れていないとすぐに見破られますし、連発すると「女の子とよくメールしているな~」と思われるかも知れません。
メールは相手の表情が読みとれない分、慎重に慎重にが鉄則です。

メールの段階では、相手に合わせつつこちらの余裕も見せる感じで行くと徐々に付き合いが深まりますし、相手に気がないと分かった場合も大きな傷を負わずにすみますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>