女性へのメールで避けた方が良いパターン

男性から女性にメールを送信する場合のことですが、すでにかなり親しい間柄であれば問題のないようなメールもまだ距離感があまり近くない場合に避けた方が良いメールの書き方があります。

その中でも特に避けるべきメールの書き方を3つほど上げます。

 

質問メール

 

まず1つ目には質問ばかりしているメールです。

もちろんまだあまり親しくない間柄でありますと、相手のことが知りたいと思いついつい質問が多くなるのはわからないではありませんが、逆にまだ親しくない間柄でいろいろと質問ばかりされるのは嫌と考えるような場合も多くあります。

 

質問を全くしない方が良いということではなく、質問をするようなメールでも一回に1つかせいぜい2つくらいにとどめておくべきでしょう。

 

頻繁メール

 

2つ目には頻繁のメールを送ることです。

これも親しい間柄であれば問題はないかもしれませんが、またあまり親しくない時から一日に何回ものメールを送るのは避けた方がよいでしょう。

 

催促メール

 

3つ目には返事を催促するようなメールを送ることです。

せっかくメールを送信したのに何時間も返信が来ないことは不安でもあり、返信が早く欲しいのはわかりますが、相手の事情もわからないのに一方的に返事を催促するようなメールをすべきではありません。

 

細かく言えばまだまだありますが、基本的には自分がされて嫌だとか、これはどうかと思うようなことはやめておいた方が良いということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>