メールでの交際で注意したいこと

相手のタイプにもよりますが、最初のメールの切り出し方としては丁寧過ぎるくらいでちょうどいいと思います。

基本的に文字のやり取りではお互いに顔が見えない&考える時間が持てるため、直接のやり取りより相手も冷静でなことが多いです。

 

そんなところに軽い口調のメールを出しても余計な警戒をされるだけなので、とにかく礼儀正しく、最初ですから硬すぎてもかまいません。

女性とのやり取りで悩むことが出来るあなたなら、丁寧なメールの作成もきっと出来るはずです。

 

そこから何度かやり取りをするようになったら、メールでの会話も自然と増えてくると思います。

そこで気を付けたいのは、語りすぎず、食い付き過ぎずというポイントです。

 

相手の趣味やお互いの共通点を知るため、ある程度は自分を語ることも必要になりますが、度が過ぎると軽薄な印象を与えたり、ナルシストっぽくなってしまうこともあります。

 

基本的には話を聞く側に回り、そこから共通の話題を探していくのが理想です。

自分の話を真剣に聞いてくれる相手には安心感が生まれやすいので、誠意を持って聞いてあげましょう。

 

そして食い付き過ぎずですが、相手の話を引き出したいがために、相手のことを根掘り葉掘り聞いたり、特定の事柄に突っ込みすぎるような聞き方をすると、相手からはがっついていると思われてしまうので、これも注意が必要です。

 

これらを注意しながらのやり取りは難しいかもしれませんが、幸いメールであればこちらも考える時間が持てるため、冷静さを欠いて大きな失敗ということは起こりにくいです。

文章の方がすぐにフォローもしやすいので、肩の力を抜いて楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>